※人名をクリックするとウィキペディアで検索。名言の背景をより深く味わえます

貢献に焦点を合わせることが、仕事の内容、水準、影響力において、あるいは上司、同僚、部下との関係において、さらには会議や報告の利用において成果をあげる鍵である

ピーター・ドラッカー